従来の自毛植毛とは | 自毛植毛で自分に自信を取り戻したくありませんか?
menu

従来の自毛植毛とは

紫色の錠剤

自毛植毛の歴史の中で、メスを使って毛株を採取するというものは現在でも使われるほどにメジャーな立ち位置を確立しています。
そのメジャーな自毛植毛法というものについて書き記していきましょう。
メスを使う方法として、FUSS法と呼ばれるものが主流です。
FUSS法はメスを使い、頭皮を部分的に切り取ります。
その後、その切り取った頭皮の中から健康的な毛株を顕微鏡で見分けて、気になる部分に移植するというものです。

それ以前は頭皮そのものを移植することが主流であったために頭皮に与えるダメージというのは格段に小さくなっています。
しかし、メスを使うという点で近年開発されたメスを使わないFUE法というものに頭皮へのダメージという点では負けてしまいます。
さらに、充分な髪の毛の密度を実現するには複数回手術する必要があります。

術後の痛みも中々に大きなものであり、そういった点でもFUE法には負けています。
しかしこのFUSS法の良い点としては、毛株を直接顕微鏡で仕分けるという点にあります。
FUE法ではこの手順がないために、毛株の健康状態というのは考慮されません。
そのために、定着率が高い毛株のみを選別して植え込むことが可能となるのです。